『ソフトウェアアーキテクチャの基礎』


著者:Mark Richards、Neal Ford


書籍情報ページ





CSV: この書籍の引用一覧をダウンロードできます


CSVとは?

CSVというファイル形式でダウンロードできます。このデータをExcelに貼り付けると、表にして手元に記録を残せます。



引用一覧


私たちは、ソフトウェアアーキテクチャを、システムの構造、システムがサポートしなければならないアーキテクチャ特性、アーキテクチャ決定、そして設計指針の組み合わせで構成されるものだと考えている。


『ソフトウェアアーキテクチャの基礎』(P. 4)

この引用を表示する

個人の中にある知識は、すべて「わかっていること」と「わかっていないとわかっていること」と「わかっていないとわかっていないこと」の3つに分類できる。


『ソフトウェアアーキテクチャの基礎』(P. 26)

この引用を表示する

また、チームの規模が大きくなりすぎると、多元的無知と呼ばれるものも発生する。多元的無知とは、内心では否定していることに対して、自分が何かを見落としているのだろうと考え、全員が同意してしまう現象だ。


『ソフトウェアアーキテクチャの基礎』(P. 342)

この引用を表示する

基本的に、アーキテクトは2つのものを設計する。それは、指定されたあらゆるドメインと、システムを成功させるために必要なその他のすべての構造要素だ。


『ソフトウェアアーキテクチャの基礎』(P. 273)

この引用を表示する